ペット火葬業者選びは慎重に

ペット火葬についての情報が満載です!

大切なペットが亡くなった時に、火葬をしてあげたいけどあまりお金をかけられないし、どのくらいお金がかかるのか心配という方もいるのではないでしょうか。
そんな方のためにペットの火葬を安く行う方法をご紹介します。
また、お寺やペット火葬業者の選び方や評判までまとめてみました。
魚類のペットの火葬できるの?という疑問についても火葬できるか調べてみました。
ペットが亡くなってから慌てないように、ゆっくりお別れできるようペットの火葬の手続きの流れを解説していきたいと思います。

ペット火葬を低料金で行う方法はある?負担の少ないお見送り

ペット火葬を低料金で行う方法はある?負担の少ないお見送り ペット火葬を低料金で行える公営の火葬場があります。
ペットの大きさや重さ、ペットの種類で異なる場合もありますが、1頭につき2,000円くらいから火葬できる施設もあります。
お住まいの自治体に確認してみましょう。
個別火葬か複数のペットと一緒に合同火葬になるかでも値段が変わってきます。
他には、火葬場に亡くなったペットをご自身で持ち込むか、出張で来てもらうかでも価格が変わってくることもあるようです。
また合同火葬の場合、ご遺骨の引き取りはできなくなります。
管轄の自治体によりますが合同火葬のみのところもあり、家族の立ち合いもできません。
家族の望むお別れができないかもしれませんが、低価格でペット火葬することができます。

爬虫類のペット火葬〜最後まできちんとお世話をするということ

爬虫類のペット火葬〜最後まできちんとお世話をするということ ペットの火葬というと、やはり犬・猫の需要が多いのは当然です。
とはいえペットの多様化という問題に際し、爬虫類の死後どのように遺体を処理するかという問題も、やはりきちんと考えておかなければなりません。
この場合も犬・猫と同様にペット火葬が有力な選択肢となります。
爬虫類というと、実際に飼育されている内訳を考えた場合、外来動物の範疇になることがほとんどだからです。
生体輸入された彼らは、体内の共生菌などを含め、日本に在来の生物以外もたくさん体内に保有しています。
従ってペットの主体である彼らが死亡しても、単に埋めるなどするだけでは処置としては不十分であり、そうした共生菌が土壌に入り込むことによって生態系のバランスを壊してしまうことになりかねません。
そのため爬虫類のペットの死後は、遺体を含めて飼育用品の一切を焼却処分するのが当然なのですが、残念ながら飼育のためのノウハウ本でもこの問題に言及している例は稀です。
本来は飼育者および輸入者の責任区であるにも関わらずです。
こうした問題をきちんと処理するには、飼育に着手する前から自治体の保健所などに相談して死後どうするかも検討しておきたいものです。
これらのペットの中には飼育者の余命を超えて長生きする者もいますから、この問題に無頓着では飼育者として不適格かつ無責任というものです。
そしてやはり有力なのはペット火葬業者への相談ということになるでしょう。
専門的な知見を兼ね備えた業者さんを、あらかじめ選んでおかなければなりません。

ペット火葬の他のペットと同時に行うメリット

ペットを飼育している家庭はとても増えていますが、昔に比べるとペットというよりは家族の一員として捉えている場合がとても多いです。
そのため亡くなった時は最後のお別れとして、ペット火葬を希望する飼い主が増えてきています。ペット火葬自体を専門に行っている業者も増えてきているので、葬式自体のプランや費用なども踏まえて選ぶ事が可能です。
実際にペットの火葬を希望する場合に犬や猫などが多いですが、最近では小動物となるウサギや小鳥にハムスターといったペットも増えてきています。ただし小動物の場合は1頭だけで火葬するのではなく、複数のペットを同時に火葬するプランなどもあります。
火葬スペースを有効的に活用するだけでなく、火葬にかかる費用なども安く抑える事が可能です。もちろん1頭だけでの火葬も可能ですが、火葬業者の事情や費用面などを考慮した上で同時火葬も検討する事もポイントの1つといえます。火葬後はしっかり遺骨を受け取る事も可能なので、様々なプランを活用するのが大切です。

ペット火葬は口コミで探して安心の火葬業者を探そう

大切なペットを失ってしまった時、ペット火葬の手配をしなければなりませんがずっと同じ時間を共にしてきた家族の一員ですから、できれば丁寧なお別れをしてあげたいというのがオーナーの思いではないでしょうか。
ただ、ペット火葬をした方の中には法外な金額を請求されてしまったり、遺骨が欲しいのに返骨してもらうことができなかったなどというケースも耳にします。
ペットとのお別れでこのようなトラブルが起きてしまう前に、大切な事は業者の口コミを検索しておくことが大切です。
ペット火葬を行われている業者は全国にいくつか点在していますが、ネット上には全国の業者の口コミを掲載しているサイトがあります。
このようなサイトを参考にして、評判をチェックしておくと良いでしょう。
遺骨の返骨を希望している方は返骨してもらえるかどうかなども記載してある事が多いです。評判の良い業者が見つかったら、いくつか絞り込んでお電話で問い合わせて、詳細をしっかり問い合わせ、予算や要望に応じて頂ける業者を選ばれると良いです。

ペット火葬で必要な書類を把握しておく事が大切

ペットが亡くなった際に最後のお別れとしてペット火葬を希望する飼い主は増えてきており、専門の業者も多いのでより希望通りの葬式を選ぶ事も可能となっています。
実際にペット火葬を行う上で準備しておく書類ですが、飼い主となる人の身分証明書が必要です。
身分を証明するものであればよいので、免許証の他にマイナンバーカードや保険証といった物で問題はありません。
そのほかに犬が亡くなった際は、死亡届けが必要となるので注意しておく事が大切です。犬の場合は狂犬病予防が必須となるので、役所に死亡した際も届けを出す事が必要となります。
それ以外のペットの場合は、役所への届けが必須というわけではないというのも大きな特徴となります。それ以外であれば加入しているペット保険の解除手続きなどもありますが、利用している保険によっては火葬費用が一部補償される場合もあります。
その際は利用したペット火葬業者の見積書や利用証明書といった書類が必要になる事もあるので、事前に保険会社に確認しておくと安心です。

コロナ禍で今後の需要上昇?ペット火葬ビジネスとは?

昨今ペットブームと言われて久しいですが、コロナ禍でおうち時間が増え家族にペットを迎えようとしているご家庭は増加傾向にあります。
しかし、ペットといえども限りある命犬の平均寿命は10 ~13年、猫は10~17年程度と言われていて、いつかはお別れをしなければなりません。 あまり考えたくないかもしれませんが、愛するペットの弔い方法についてあまり知っている人は少ないのではないでしょうか。
保健所で遺体を引き取ってもらったり、自治体で遺体を無料引き受けてもらえる場合もありますが遺骨等は帰ってきません。
愛するペットの遺骨を保管しておきたい等需要は増え、ペット火葬がビジネスとして注目されているのをご存知でしょうか。
ペット火葬は大きく2パターンがあり、ペット専用の火葬施設を持った業者(セレモニーホール、寺院等)のほか火葬設備を備えた火葬車での移動火葬業者があります。
ペット火葬施設をもった施設ですと小動物が1万円~ほどから犬猫で3万円~程で施設によっては専属のお坊さんがお経を読んでくれたり、霊園を所有する業者であればお墓の購入も可能で手厚く弔うことが可能です。
移動火葬業者に関しては犬猫も1万円程でリーズナブルですが、火葬が甘く遺骨に色が残ってしまうといったトラブルも多いといった口コミも見られます。
どちらもコロナ禍のペットブームを経て、今後も需要は高まる見込みです。

ペット火葬を行っている業者の具体的な仕事内容は?

ペット火葬を行っている業者は色々ありますが、具体的にどういう仕事をしているかよく分からないということも多いと思います。
ペット火葬は一般的な葬儀会社がサービスの一部として行っている場合もありますし、ペットを専門に行っています業者もあります。電話やインターネットで依頼を受けて、ペットの遺体を火葬するのが仕事になります。ペットを預かって火葬を行う場合と、火葬車などで依頼者の元に出向きその場で火葬を行う場合があります。
火葬車は臭いなどにも配慮した作りになっているので、住宅街などでも行うことができます。
また、依頼者によっては海洋散骨などを希望することもあり、そういったニーズに対応している業者もあります。
葬儀などお別れのセレモニーを行ったり、ペットの供養を行っている寺院と提携して永代供養をしたりもしています。
ペット火葬や葬儀にはこれといった決まりはないので、依頼者のニーズに合わせてサービスを提供します。

ペット火葬が不可能の動物がいることを知っておこう

国内のペットの需要は増えており、その種類は犬や猫だけにとどまりません。ミニブタやヤギ、モモンガやハリネズミを飼育しているという方も、現在では珍しくなくなりました。
しかし、このような特殊なペットを飼育する際は、ペット火葬が不可能である場合があるということをあらかじめ把握しておくべきです。
ペット火葬が不可能とされる動物は、主に畜獣とされる動物たちと言えます。牛や馬、豚や羊などはペット火葬が出来ない動物たちなのです。
ペット火葬が出来ない、畜獣とされる動物たちは都道府県から許可を得た「死亡畜獣取扱場」でのみ処理が可能とされています。
これにはきちんとした理由があり、家畜が感染症や流行り病に感染していた場合の災害を防ぐためです。基本邸には死亡届を都道府県に提出し、その後火葬となります。
さらに、「特定動物」として指定されていたペットが死亡した場合は、詳細な死亡届を出す必要がある上に30日以内に「増減届出書」の提出が必要です。

ペット火葬に参列した場合香典は必要なの?

ペット火葬に参列した際、香典を用意した方がいいのか迷っているという方は多いのではないでしょうか。近年、こうしたペット火葬への参列をする機会は、増えているのが実情です。
一般的にペット火葬に参列する場合、香典は必要ありません。お金を渡してしまうと、相手も気を遣います。
ですから、自分にとって大切な人の家族の一員であるペットを失った気持ちに寄り添いたいというのであれば、お花を用意してみてはいかがでしょうか。
自分なりにイメージしたカラーのお花を選び一緒に偲ぶことで、気持ちが落ち着くかもしれません。自分ではどんな花を選んだらいいのか分からないという場合は、花屋で相談をするのもおすすめです。
また、お花の他にもペットが大好きだったおやつやご飯を用意して、棺に入れてもらうというのも一案です。ペットの火葬で悲しみに暮れている大切な友人や家族に対して、特別なことはしなくてもいいので、寄り添うことを意識してみましょう。

ペット火葬にお経はどうなる?大切に見送るために

ペットの最後のために動物霊園を探している方はいるのではないでしょうか。家族として小さな命を見送るときに、人間のようにペット火葬後に手厚く最後を旅立たせたいと思う飼い主は増えています。
現在主流となっているペット火葬について、詳しく説明していきます。 お経をあげたいときは、事前に動物霊園に確認することをおすすめします。ペット火葬前、納骨、供養するときにお坊さんを手配してくれる霊園があります。お坊さんが不在の時は、般若心経のテープを流しているケースもあります。
ペットにとってお経は必要かという点においては、人間側の悲しみを癒す意味において大きな意味を持ちます。 種類を選べるところもあり、般若心経・南無阿弥陀仏・馬頭観音の真言など、ご自身の信仰にあった選択もできます。
霊園側には、お坊さんにお礼するお布施料の目安を確認しておくようにしましょう。 動物霊園のペット火葬は、基本的に人間の葬儀と同じ流れです。大切な家族の最後を感謝をもって見送りたいのではないでしょうか。

ペット火葬を自宅でするのは法律で禁止されている

自宅で飼っている犬や猫などが死んだときには、埋葬方法をどうするかの問題に直面します。庭や自前の土地を所有している方なら自分でペット火葬をしようと考えるかもしれません。
自己所有の土地であれば、危険物や有害物でもないかぎり何を燃やそうと自由なように思えます。この点廃棄物処理法という法律によると、同法16条の2において「焼却禁止」が定められているのです。
廃棄物処理法上ではペットの遺体はあくまで廃棄物という認識です。しかも5年以下の懲役または1000万円以下の罰金という刑罰も定められています。
自宅でペット火葬ができないので、法律に準拠するなら行政窓口で申し込むか専門業者に依頼するかのどちらを選ぶことになります。行政による火葬は合同火葬になるので、自分のペットの骨をひろうという取り扱いにはなっていません。
個別火葬でペットの骨も開いたいなら、専門業者に依頼して個別火葬を実施するのが現実的な選択になります。

ペット火葬後は散骨を自由にできるのかを確認しよう

ペット火葬は、愛するペットとのお別れする大切な儀式です。ペット火葬は、引き取りで依頼することもできますし、火葬車に自宅まで来てもらうなど様々な方法があります。
火葬後は遺骨が残ることになりますが、その遺骨をどのように供養するのかも決めておきたいところです。
火葬のあとは、散骨という選択肢もあります。海や山など遺骨を自然に還すというもので、ペットが大好きだった場所や自宅の庭などに遺骨をまく方法です。
注意点としては、散骨する場合は、そのまま遺骨をまくことは避けましょう。遺骨の形状が残っている場合は、それが動物の物か人のものかを判断できず通報される恐れもあります。
実際に行う場合は家族が行うこともできますし、専門業者に依頼することもできます。遺骨を巻く場所も、他人の私有地や公共の場所は避けるようにしましょう。マナーを守らないと、思わぬトラブルに発展する可能性もあります。トラブルを避けるのであれば、作業は専門業者に任せたほうが無難です。

ペット火葬に関する情報サイト

ペット火葬 千葉

新着情報

◎2023/9/7

情報を更新しました。
>ペット火葬が不可能の動物がいることを知っておこう
>ペット火葬に参列した場合香典は必要なの?
>ペット火葬にお経はどうなる?大切に見送るために
>ペット火葬を自宅でするのは法律で禁止されている
>ペット火葬後は散骨を自由にできるのかを確認しよう

◎2022/1/6

情報を更新しました。
>ペット火葬の他のペットと同時に行うメリット
>ペット火葬は口コミで探して安心の火葬業者を探そう
>ペット火葬で必要な書類を把握しておく事が大切
>コロナ禍で今後の需要上昇?ペット火葬ビジネスとは?
>ペット火葬を行っている業者の具体的な仕事内容は?

◎2021/5/7

手続きの流れを解説
の情報を更新しました。

◎2021/3/4

魚類もペット火葬できる?
の情報を更新しました。

◎2021/1/14

サイト公開しました

「ペット お世話」
に関連するツイート
Twitter

返信先:私も精神障害者なのですが、🐹🦜います! ちゃんとお世話できないのなら言ってることも分かりますが、誰にも別用とされてない不安感をこの子達が取り除いてくれて感謝してるし、ペットセラピーなどで病院にペットが行くこともありますよね! だからその意見は違うと思う💦😢

返信先:対応してくれたお兄さんお迎えして貰いやすくなる為に人工飼料も食べるようにお世話してくれてたらしいです ホームセンターのペットコーナーって管理が行き届いてない所も多いですがここは他の生体もみんな元気そうでした☀️ 今はコルクについて落ち着いてくれてるっぽいです😌 初給餌楽しみです🎵

返信先:仕方ない(大歓迎)からお世話(意味深) これはペットもママにしこ懐いてないのでは?

返信先:リヴリーっていう生き物をお世話して育てるゲームだよ~! 部屋とか自分の着せ替えをしたりして楽しんでるよ❕ 本当にペット飼ってるみたいで楽しいし世界観が好き( *・ω・)

この枠が終わったらペットお世話とお風呂に行ってきます💦